レアル・ソシエダで活躍を続ける日本代表MF久保建英。

彼は右手首にテーピングを巻いて試合に出場することがある(絶対ではない)。

そうしたなか、DAZNのFOOTBALL TIMEで内田篤人と安田理大はこんな話をしていた。

内田:(テーピングやリストバンドを)手首に巻くとパワーがちょっと出やすくなるみたいのない?

安田:締めたら軽くなるから腕振りが速くなるみたいな。たぶん、あれウソっすね。たぶん、あれここ(手首)にはめてたらカッコイイみたいな。俺、昔はめてたんですけど、見た目やったんで。かっこいいなぁみたいな(笑)

手首にテーピングやリストバンドをする効果を安田は否定。彼は単に見た目でつけていたとのこと。

【関連記事】ユニフォームの「着こなし」に、特別なこだわりを持つ個性派選手たち

なお、試合で「ブレスレット、皮革でできたバンド、ゴムでできたバンド」などを着用することはルールで禁止されており、その上からテーピングで覆っても着用は認められない。

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★