クラブ史上最高額となる900万ユーロ(14.1億円)でフェイエノールトに引き抜かれた日本代表FW上田綺世。

怪我もあり、新天地では1ゴールに留まっているが、高い身体能力の片鱗は見せつけているようだ。

『Ziggo Sport』によれば、第2節で対戦したスパルタのDFバルト・フリーンズは、上田の「すさまじいジャンプ力」に衝撃を受けていたとか。

上田の身長は182cmほどだが、Jリーグではフィジカルモンスターとして大暴れ。

フリーンズは188cmの大柄なセンターバックだが、上田の跳躍力に驚かされていたようだ。

【関連記事】南野拓実、上田綺世、田中碧ら日本人10名、ゲームFC24での能力はこうなった

その上田は、UEFAチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦で先発起用が予想されている。自身初となるCLでの活躍に期待したい。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら