現在オランダ・エールディビジのスパルタ・ロッテルダムに所属している斉藤光毅は、怪我のために来年まで離脱することになったようだ。

『Rijnmond Sport』のレポートによれば、斉藤光毅はホームで行われたフィテッセ戦でハムストリングを負傷したとのこと。

スパルタ・ロッテルダムはプライバシー保護のために詳しい情報を明かしていなかったが、この度斉藤はマンチェスターに渡って患部の手術を行ったとのこと。

当初はそれほど深刻な怪我ではないと伝えられていたものの、斉藤がウィンターブレイクまでにプレーできる可能性はかなり低くなったという。

ベルギー2部のロンメルSKから期限付き移籍で加入している斉藤は、昨季素晴らしいプレーを見せてローン期間が延長されていた。

【関連記事】ブレイク前夜!斉藤光毅、オランダで発揮される「センス抜群」全得点を見よ

そしてオランダで2シーズン目となった今季も5試合で2得点を決めており、ファンからの評価や人気も高まっているものの、残念ながら今季の前半戦はリハビリに充てなければならないようだ。

【厳選Qoly】意外すぎる「クラブでリーグ優勝したことがない」世界最強選手たち

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら