日本サッカー協会(JFA)は20日、三井不動産株式会社と「JFAメジャーパートナー」契約を締結したことを発表した。

JFAは2021年に三井不動産と「サッカーの力を活用した街づくり連携および拠点再編に関する基本協定」を締結。両者の強みやネットワークを生かしながらサッカー/スポーツを核としたコミュニティー創出とスポーツの発展に資する拠点再編に向けて取り組んできた。

サッカー文化創造拠点『blue-ing!』の創設についても同社との基本協定における共同プロジェクトの一環で進めてきたものだという。

今回、三井不動産とのJFAメジャーパートナー契約によって、価値共創活動をより一層推し進めていくとともに、サッカー/スポーツの力を活用した街づくりをはじめ、人々の心身の発達と、地域スポーツの発展と社会の発展に貢献していきたいと考えているとのことだ。

契約期間は、2023年10月1日から2027年3月31日まで。

【関連記事】新国立も?陸上トラックを撤去して「サッカー専用」になったスタジアム10選

なお、三井不動産は2021年に「東京ドーム」を買収しており、後楽園の再開発という意味でも今後が注目される。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら