今年で30周年となったJリーグでは世界的スターたちが助っ人として活躍してきた。

そうしたなか、かつてジュビロ磐田で活躍した元日本代表DF服部年宏さんが、前園真聖さんのYouTubeチャンネルに登場。

こんなJ助っ人列伝を明かしていた。

「(ブラジル代表のW杯優勝メンバーでキャプテンを務めた)ドゥンガを抜いたら、スキラッチがすごかったね(笑)

プレーももちろんだけど、普段はイタリア人ってこんな感じなのかなって…。

高速道路のように普通の道路を走るし(笑)いまなら言っても大丈夫だろうけど、運転がめちゃくちゃ荒いし。

バスで煙草を吸おうとして監督に止められたりとか。

当時は煙草ってそんなに(問題視されなかった)…海外とかだともっとあれだし。

ドーハの悲劇を見れば、オフト監督が煙草をくわえて…。そういう時代だったけど、バスで吸おうとしたりとか。

はちゃめちゃだけど。でも、めちゃめちゃオシャレだし、すげぇなっていう。

プレーはもちろんぶっちきぎり。ペナルティエリア内は一切捕まえられない」

破天荒ながら凄かったというのは、1994~1997年まで磐田でプレーしたイタリア代表FWサルヴァトーレ・スキラッチ。

1990年のFIFAワールドカップで6得点を叩き出して得点王になったストライカーだ。1995年にはJ1で31ゴールを叩き出した(得点王は32点で浦和レッズFW福田正博)。

【関連記事】「近年頭髪を補強した選手たち」10名

服部さんによれば、ピッチ内外の言動で「これがW杯の得点王なんだなって」思わされたとか。

なお、植毛手術を受けたというスキラッチは、現在こんな感じになっているそう。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら