先月末のシェフィールド・ユナイテッド戦でアーセナルでの初ゴールを決めた冨安健洋。

『ABEMAスポーツタイム』で影山優佳さんとの対談を行った。

影山さんは冨安が初ゴールを決めた試合を現地観戦。

その翌日に行われた対談で冨安はこんな話もしていた。

「(初ゴールまで)時間かかったなって思います(笑)

2年以上、点とるのにかかって。

チームメイトからも『いつ点とるんだ』って冗談っぽく言われたりしていて(笑)

いつも試合前に『明日!明日!』って(言い返していた)

で、やっととれたんで、ほっとしてる気持ちのほうが大きいですかね」

2021年にアーセナルに加入した冨安。同僚たちからは無得点なことをイジられていたとか。

【関連記事】海外日本人、欧州から見た市場価値が最も高い10人(2023年最新版)

初ゴール直後にはチームメイトたちも大喜びしていたが、冨安本人も「みんなが結構喜んでくれたので、それも含めて嬉しかったですね」と話していた。

【厳選Qoly】U-23日本代表、奮起が求められる3名!パリ五輪出場には活躍が不可欠

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら