日本代表ではセンターバックとしてプレーする冨安健洋だが、アーセナルでは主に両サイドバックとして起用されている。

この日の会見でアーセナルのミケル・アルテア監督は「冨安はより攻撃的な役割をはたせるようになるか」と聞かれるとこう答えていた。

「そう思うが、ディフェンダーの順位は守備であり、うまく守ること。

そのうえで追加できるものがあれば何であれ素晴らしいし、我々は成長させたいと考えている。

ただ、特に守備の局面では、振る舞いや一貫性を維持する必要があるのは間違いない」

冨安は攻撃面でも貢献を見せているが、DFはまずは守備ありきということのようだ。

【関連記事】史上最強日本代表、2023年に評価を上げた5名の選手

アーセナルは3日にウルヴスと対戦する。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★