守護神ティボー・クルトワとDFエデル・ミリトンが靭帯断裂の重傷で離脱中のレアル・マドリー。

17日のビジャレアル戦で負傷交代になったDFダヴィド・アラバも前十字靭帯断裂で手術が必要になってしまった。今季中の復帰に加え来夏のEURO2024出場も絶望的とみられる。

『Marca』によれば、レアルはアラバの大怪我にショックを受けているものの、冬の移籍市場でDFを補強するつもりはないという。

レアル・マドリー、1月補強の「最悪失敗」ワースト6名

残りのシーズンは、アントニオ・リュディガーやナチョ、オーレリアン・チュアメニ、そして、カンテラの若手をCBとして起用して凌いでいく方針だそう。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら