イタリア・セリエAのASローマが、ウニオン・ベルリンの元イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチの獲得に向かっているようだ。

現在ジョゼ・モウリーニョ監督が率いているASローマは、特に守備陣の負傷者が続出する状況で、選択肢が限られている。クリス・スモーリングとマラシュ・クンブラはこの数カ月間プレーできず、エヴァン・エンディカは来年初頭に行われるアフリカネーションズカップに出場する可能性が高い。

ジャンルカ・マンチーニとディエゴ・ジョレンテの二人に依存しなければならない状態が続いており、短期的にでも守備陣の補強は必至であると言われている。

『Gazzetta dello Sport』によれば、ローマが獲得に動いているのがレオナルド・ボヌッチであるとのこと。

ローマのディレクターを務めているティアゴ・ピント氏はレオナルド・ボヌッチと継続的に連絡を取っており、獲得に向けた交渉を進めているそう。

クラブ側は「6ヶ月契約+チャンピオンズリーグに出場できれば1年延長」という条件を提示しているが、一方のボヌッチは18ヶ月の契約を求めているとのこと。

現在ウニオン・ベルリンでプレーしている36歳のボヌッチであるが、初めてベンチ入りしたブンデスリーガ第3節からチームが公式戦13連敗を喫するなどめぐり合わせが悪く、現在はほとんど出場機会がない状況が続いている。

創業50周年!イタリアの名門ブランド“Lotto”の「90年代傑作ユニフォーム」5選

ボヌッチ自身はまだ来年行われるEURO2024でイタリア代表のメンバーに入ることを諦めておらず、レギュラーとして出場できるチームを求めているという。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら