Jリーグ公式Youtubeチャンネルは30日、今シーズンのJリーグを振り返る「Jな夜会2023」の後編を公開した。

今回出演したのはワッキー(ペナルティ)、チョウ・キジェ(京都監督)、横内昭展(磐田監督)、酒井高徳(神戸)、太田宏介(町田)、森脇良太(愛媛)、そして野々村芳和(チェアマン)の7名。

その中で、ジュビロ磐田の横内監督が「ロングスローについてはちょっと腑に落ちないことがある」と切り出すと…。

横内「ちょっとロングスローで腑に落ちないのが…勝っている時のスローインで少しでもゆっくりしようものならイエローカードが出る。でも、ロングスローやろうと思ったら、ビニールからタオルを取り出して、拭いてやる…それがあまり遅延行為にならない」

太田「それは本当に同じことを思っています。自陣でゴールキックをするときも、レフェリーは『早く蹴りなさい、カード出すよ!』って出すじゃないですか。あれはすごく細かいのに、ロングスローのときは言わない。

町田ゼルビアのチームメイトだから『カード出されなくてよかった』だけど、対戦相手だったら(不満を持つのは)わかる」

酒井「スローインにルールがついたらいいんじゃないですか?今ゴールキーパーが蹴るのも秒数が限られているけど、スローインなんて待とうと思えばいくらでも待てるし。あからさまでない限りあまりイエローカードは出ない」

太田「右サイドバックの選手が、左サイドまで行って、ボールを拭いて投げる…だったら結構時間がかかるんですよ」

酒井「4秒とか3秒とかで投げる、そうでなければファウルスローを取られるというのは面白いルールかなと思います」

バスケットボールには「5秒ルール」というバイオレーションがあり、スローインにも時間制限が設けられているため、スピーディなリスタートが行われる。

ロングスローが「反則的だった世界のサッカー選手」5名

サッカーにおいてはスローインでのルールがあまり厳格ではないため、ロングスローで消費される時間の多さはあまり問題視されてこなかったが…今後どのような方針で議論がされるのか注目である。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名