カタールの2連覇で閉幕したアジアカップ。日本代表は優勝候補筆頭とされていたが、準々決勝敗退に終わった。

そうしたなか、影山優佳さんは『ABEMAスポーツタイム』でこう話していた。

「今回は日本だけじゃなくて、韓国を始め色んなチームに色んなことが起こった楽しくワクワクする、そして、悔しい気持ちもある大会でしたね」

「カップ戦ならではの負けたら終わりという試合。ファンの方もより熱く応援していたのもありますし。

私たちもファンのひとりとして、(番組にメッセージを寄せた)菅原由勢選手を始め皆さんがさらに羽ばたいていって下さることをこれからも楽しみにしております」

悔しさを感じたという影山さんは、「アジアカップを踏まえて、またゼロから一緒にスタートしましょう!」とも語っていた。

日本代表、アジアカップで「ノーインパクト」に終わった5名

今大会では日本だけでなく韓国、オーストラリア、サウジアラビアも決勝にすら進めず。優勝したカタールのティンティン・マルティネス監督も「日本、韓国、オーストラリア、サウジアラビアもいたからね。カタール対ヨルダンの決勝になると予想するのはかなり難しかった」と述べている。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら