プレミアリーグのブライトンで活躍する日本代表FW三笘薫。筑波大学時代にはドリブルを卒論のテーマにした理論派だ。

そうしたなか、日本代表の陽キャ筆頭といえる菅原由勢は、安田理大と対談した『ABEMAスポーツタイム』でこんな話をしていた。

「(32歳のチーム最年長である谷口彰悟は)余裕っすね。余裕というか、彰悟さんはやさしいので。

薫くんとかイジりづらいですね。イジろうと思えばいけるんですけど、まだちょっと温めておこうかなみたいな。大事な時のために。ファンの皆さんも注目していると思うので」

年齢的には三笘が菅原より3つほど年上。2人は2019年のアジアカップで一緒にトレーニングパートナーを務めたこともあるが、簡単にはイジれないとか。

日本代表、2024アジアカップで評価を下げた5名

なお、菅原の対談が撮影されたのは今アジアカップの前。無念の敗退に終わった菅原は「アジア杯を終えて、目標としていた優勝ができなかったこと、皆さんの思いに応えられず、悔しい思いでいっぱいです。選手としてはこれからの自分の伸びしろをいま感じていますので、世界のトップで活躍するサイドバックになるために、また日々取り組んでいきます。引き続き、応援していただけたら幸いです。よろしくお願いします」とのメッセージを番組に寄せている。

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら