NECナイメーヘンは、28日に行われた国内カップ戦準決勝でカンブールを2-1で下した。

前半に先制されるも、小川航基と佐野航大のゴールで逆転勝ちを収め、決勝進出を決めている。

まずは後半15分に小川が渾身の同点ゴール!

コーナーキックが流れたボールに素早く反応して仕留める!

そして、1-1で迎えた延長戦では佐野が値千金の逆転弾!

こちらはクロスをダイレクトで流し込む!

2人はチームメイトと一緒に歓喜を爆発させていた。勝利したNECは2000年以来通算5度目となる決勝進出を決めている。

日本代表、森保監督がアジアカップに招集するべきだった5人

『ESPN』は「日本人がNECのためにやってくれた」、『De Telegraaf』でも「主役になったのは日本人2人」とその活躍を讃えていた。

決勝戦が行われるのは、4月21日。相手はフェイエノールトとフローニンゲンの勝者となるため、上田綺世との日本人対決になる可能性もある。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら