スペイン1部レアル・ベティスとキットサプライヤーのhummelは18日、2023-24シーズンの限定プレマッチ・ジャージを発表した。

過去のユニフォームをミックスした継ぎ接ぎ(つぎはぎ)デザインが大変ユニークな一着となっている。

Real betis 2023-24 hummel Limited Edition Pre Match Jersey

レアル・ベティス 2023-24 hummel 限定プレマッチ・ジャージ

ホームタウンであるセビージャの春の訪れにインスピレーションを得た、限定プレマッチ・ジャージ。アイテム名も“Fiestas De Primavera”(春祭り)となっている。

デザインは、過去30年間で登場したベティスのユニフォームから印象的なものをピックアップし、マッシュアップ(ミックス)したものだ。

一部をご紹介すると、エンブレム部分のチェック柄はKappa製2018-19スペシャル・エディション。イエローとブラックの縦じまはMacron製2014-15サードモデル。

右脇部分にある幾何学的な模様はKappa製1995-97アウェイ。右鎖骨部分のグリーンとピンクの縦じまはadidas製2015-16スペシャル・エディションと、このような感じにミックス。

現在のサプライヤーhummelは2022-23シーズンからの契約だが、今回はメーカーを問わず過去30年間のユニフォームから選んだパーツによるマッシュアップとなっている。

毎年4月中旬頃になると、ホームタウンのセビージャなどアンダルシアの各地では、春祭りが1週間ほど開催されるという。このプレマッチ・ジャージのデザインも、その祭りの雰囲気に合わせてカラフルな組み合せとなっている。

100周年の名門ヒュンメル、「80年代・90年代」名作ユニフォーム5選

春の祭りに合わせた彩り豊かなマッシュアップのプレマッチ・ジャージ。500着の数量限定で18日に公式オンラインストアで発売されたが、既に完売となっている。

現在では世界的にレアで懐かしい新品ユニフォームが揃う「Qoly × LFB Vintage」。街着にも使えるレトロなユニフォームが時を経て甦ります。

【Qoly × LFB Vintageはこちらです】

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら