今週末に行われるレアル・マドリー対バルセロナのエル・クラシコ。

そうしたなか、かつてレアルの主軸として活躍したメスト・エジルが『Marca』のインタビューに応じていた。

現役時代のエジルはフィジカルとは無縁だったが、引退後に筋トレを始めると、今やその体はガチムチ化している。

そのことについてこう話していた。

「(引退してから1年、何をしていた?)

家族と過ごす時間はいくらあっても足りない。だから一秒一秒を楽しんでいるよ。自分のビジネスもあるし、不動産業もあるし…もちろん趣味もある。遊んだり、ほぼ毎日ジムに通ったり、最近の趣味のひとつは乗馬(笑)。とても気に入っているし、楽しいよ。

(ジムでの様子を見ると本当に強くなっているけれど何が目標?)

特に目標はないんだ。WWEからのオファーを待っているわけでもないよ(笑)本当に自分のためにやっているんだ、フィットネスを保つためにね。すごく楽しいよ。

自宅には自分のジムもあるし、パーソナルトレーナーもいる。そうやって毎日取り組んでいるんだ」

エジルの古巣でもあるブレーメンでプレーした元ドイツ代表GKティム・ヴィーセは、引退後にWWE(アメリカの世界的プロレス団体)のスターになろうとしたことがあった。

驚くべき筋肉をつけたサッカー選手10名、その「変化」を見る

ただ、エジルにそういった意図はなく、単に体を鍛えているだけだとか。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら