昨夏に鹿島アントラーズからスイスのセルヴェットに移籍した常本佳吾。

鹿島でも指揮を執ったレネ・ヴァイラー監督のもとで今季は全コンペティションで42試合に出場した。

チームはリーグ戦で3位、カップ戦で優勝と躍進し、常本も確かな貢献を見せた。

そうしたなか、『Sport.ch』は、今季スイスリーグの補強選手ベスト10を発表。常本は第3位にランクされた。

「(ベスト10のなかで)彼は移籍金が不明な唯一の選手である。ただ、はっきりしているのは、どんなに高額だったとしても、間違いなくそれだけの価値がある投資だったということだ。

スイスでは無名だったこの日本人選手を獲得できたのは、鹿島アントラーズ時代の25歳を知るヴァイラー監督のおかげであることは間違いない。数々の説得力のあるプレーを見せた彼は、今やスイスで有名人になっているはずだ」

常本はスイスリーグでも屈指の右サイドバックとして評価されるまでになった。

日本代表、定着・招集に期待したいイケメン候補5人

なお、勝点差1でリーグ2位に届かなかったセルヴェットは、来季のUEFAヨーロッパリーグに予選3回戦から出場する(2位ならCL予選出場だった)。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名