アレックス・ファーガソン監督が2013年に退任してから厳しい時間が続いているマンチェスター・ユナイテッド。

今季も厳しい時間が続いたが、先日のマンチェスター・ダービーではシティを相手に2-1と勝利することに成功した。

特にラッシュフォードは上り調子。此の場面では惜しくも決まらなかったものの素晴らしいシュートを放っていた!

内部のゴタゴタが伝えられることも多く、「ビッグネームの選手たちを惹き付ける魅力はないのでは?」とも言われてきた。

しかし『Mirror』によれば、スールシャール監督は記者会見で以下のように答えたという。

オレ・グンナー・スールシャール

(もはやマンチェスター・ユナイテッドはビッグネームを惹きつけられない?)

「代理人は違うかもしれないが、選手はそう(ユナイテッドに加入しようと)するだろう。

私はあまり多くの代理人と話はしていない。

マンチェスター・ユナイテッドは世界最大、世界最高のクラブだ。そして、多くの選手はその復活を手助けしたいと思っているはずだ。私はそう考えている。

我々の選手とファンは、我々のサッカーを楽しんでいる。

対戦相手の選手たちも、我々の一員になりたいと思っている」

今でも様々な選手がマンチェスター・ユナイテッドに加入したいと思っているが、代理人が阻止をしている…という状況であるとか。