リヴァプールが圧倒的な強さを見せているプレミアリーグ。守護神アリソンが素晴らしいプレーを見せているが、リーグには過小評価されているGKもいる。

クリスタル・パレスのスペイン人GKビセンテ・グアイタもそのひとり。バレンシアでデビューした33歳の彼は昨季からプレミアでプレーしている。

『AS』によれば、「GOT(expected goals on target)」というスタッツではアリソンを上回っており、今季トップの数値を記録しているとか。

だが、直近のシェフィールド・ユナイテッド戦で痛恨のオウンゴールをやってしまった。その痛恨シーンがこれ(以下動画11秒~)。

相手のコーナーキックをキャッチした直後に、まさかのポロリ。これはつらい…。

このオウンゴールによって0-1で敗れたパレスは、2020年に入ってまだ勝利がない。

それでも、ロイ・ホジソン監督は「あのゴールは不運だった。今季のグアイタは素晴らしいプレーをしているからね。素晴らしいセーブをしてくれているし、彼のおかげで勝点を獲れたこともある。彼が批判に晒されることはがっかりだ。今日の試合を見た全員があれはGKのミスだと言うだろう。(その批判は)彼にはふさわしくないので悲しいね」と擁護していた。