6日に行われた親善試合マケドニア対デンマーク。

1-0とマケドニアのリードで迎えた前半17分、自陣の右サイドでボールを受けたマケドニアのMFアギム・イブライミは・・・

50m超を独走したゴラッソ!

スーパーゴールを決めたイブライミは現在24歳。東欧らしいテクニシャンで細かなスペースでも巧みな足技でボールキープができ、ラストパスを供給する左利きのチャンスメイカーである。現在所属するスロベニアのマリボールではエースナンバー10番を付け、11/12シーズンにはリーグ戦をはじめ国内3冠を達成。また、ディナモ・ザグレブ(クロアチア)に所属するクロアチア国籍のMFアリヤン・アデミとは従兄弟にあたる。

J1・名古屋グランパスは今シーズン、新外国人としてマケドニア人ニコラ・ヤキモフスキーを獲得しているが、この辺りの小国にはこうした知名度の高くない“隠れたタレント”が数多く存在する。マケドニアは現在EU加盟を目指しているそうだが、もしそれが実現するとJクラブは資金力の優れた欧州クラブとの獲得競争に到底太刀打ちできず、安価でのタレント発掘は一層困難になる。そうなる前に是非、こうした地域のスカウト網を強化してほしいものだ。

試合はマケドニアが3-0でデンマークに快勝している。

ところでこのゴールを目にして、マラドーナでもメッシでもネイマールでもなく、このゴールが思い浮かんだ人も少なくないのでは?

ハイライト

(筆:Qoly編集部 H)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}