昨日行われたワールドカップブラジル大会の欧州予選のマケドニア対ベルギーの試合において、ホームのマケドニアサポーターからこんな横断幕が掲げられたようだ。

これは1月のキャピタル・ワン・カップでアザールがスウォンジーファンのボールボーイを蹴飛ばした事件を揶揄したものだ。22歳のエースに動揺を与えようと試みた結果だが、62分にPKを決められマケドニアは0-2で敗北している。

PKを蹴る際は猛烈なブーイングでした。