元リヴァプールのMF、ラウール・メイレレスはルイス・スアレスに残留を助言している。

メイレレスがスアレスと共にプレーしたのは彼がチェルシーへ移籍する直前でありほんのわずかではある。現在はトルコのフェネルバフチェに所属しており、水曜日はアーセナルの敵として対峙する予定だ。メイレレスは『Mirror』に対して以下のように語っている。

「ルイスに対する僕からのアドバイスはアーセナルへ行くためにリヴァプールを去るべきではないという事だ」

「彼がチャンピオンズリーグでプレーしたがっているのは知っているし、もしレアル・マドリーやバイエルン・ミュンヘンならば彼が移籍したがるのはわかる」

「実際、アーセナルはチャンピオンズリーグに勝てていないし、プレミアリーグもだ。だから理解できないよ」

「あと1シーズンはリヴァプールに残り、欧州トップ5のクラブがアプローチしてくるのを待つ事をアドバイスするよ。何故なら彼は充分にそれに値するからね」