昨季までバルセロナを指揮していたヘラルド・マルティノ監督が就任した新生アルゼンチン代表が19日、W杯決勝のリターンマッチとも言える9月3日の親善試合ドイツ戦に向けた国外組招集メンバー20名を発表した。


【GK】

マリアーノ・アンドゥハル(ナポリ)

セルヒオ・ロメロ(サンプドリア)

【DF】

ウーゴ・カンパニャーロ(インテル)

マルティン・デミチェリス(マンチェスター・シティ)

ホセ・マリア・バサンタ(フィオレンティーナ)

パブロ・サバレタ(マンチェスター・シティ)

エセキエル・ガライ(ゼニト)

フェデリコ・フェルナンデス(ナポリ)

マルコス・ロホ(スポルティング→マンチェスター・ユナイテッド)

【MF】

ハビエル・マスケラーノ(バルセロナ)

ルーカス・ビグリア(ラツィオ)

エンソ・ペレス(ベンフィカ)

アウグスト・フェルナンデス(セルタ)

アンヘル・ディ・マリア(レアル・マドリー)

リッキー・アルバレス(インテル)

【FW】

ロドリゴ・パラシオ(インテル)

エセキエル・ラベッシ(PSG)

リオネル・メッシ(バルセロナ)

ゴンサロ・イグアイン(ナポリ)

セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)


今回の試合ではマルティノ監督が以前から明らかにしていた通り、W杯出場メンバーをそのまま招集。

おそらくここに残りの3人、GKアグスティン・オリオン(ボカ)、MFマキシ・ロドリゲス(ニューウェルス)、MFフェルナンド・ガゴ(ボカ)という国内組が加わるとみられる。