この夏、ドイツ1部ヴォルフスブルクへと移籍したデンマーク代表FWニクラス・ベントナー。

何かと話題の多いベントナーだが、『kicker』によればこれまでのキャリアで論争の的になった物事について悔いはないと語ったそうだ。 なんでも、自分の語ったいくつかのことは誤って解釈され損害を被ったと信じているというベントナーの言葉を『ESPN』からの引用で紹介。

「他のクラブともっと前に契約することもできた。 でも最適なもののために待っていた。VfL(ヴォルフスブルク)がアプローチしてきた時、全てが速く起こった。 ヴォルフスブルクは昨季リーグ5位で終えて、チャンピオンズリーグをあとわずかで逃した。このクラブには素晴らしい野心があるし、オレにもそれがある」

「(論争となった過去の出来事は)なんにも悔いていない。書かれたものの全てが真実ではない」 

また、「世界で最高のアタッカー」になれるだろうと語ったとされる発言の引用についても正しいものではないと述べたという。

「当時オレはこう言った。『自分のポテンシャルをフルに利用できるであろうことを信じている。もし世界で最高のアタッカーになるのに十分なものであったなら、素晴らしいだろうね』と」

「世界最高のアタッカーなら毎シーズン20ゴールは決める。 それ(世界最高)について語る前にまずはそれを成し遂げる必要がある。オレの最高の時はいま始まるのさ」