アルゼンチン代表のヘラルド・マルティノ監督は10日、今月行われる親善試合に向けた国外組のメンバー22人を発表した。

先日のブラジルに続き、アルゼンチンもこれが今年最初のメンバー発表となるが、メッシ、アグエロ、マスケラーノら主軸に加え、昨秋、久しぶりに代表復帰を果たしたカルロス・テベスも引き続き招集された。

陣容に大きな変化はないが、ヘロニモ・ルッリ(レアル・ソシエダ)が初招集。ルーカス・オルバン(バレンシア)はタタ・マルティノ体制で初めて招集された。なお、前回のメンバーからはマルティン・デミチェリス、エリック・ラメラ、ニコラス・ガイタンらが外れている。

今年のコパ・アメリカで1993年以来の優勝を目指すアルゼンチンは28日にエルサルバドル、31日エクアドル両代表とどちらも米国で対戦する予定となっている。

GK:

ナウエル・グスマン / Nahuel Ignacio Guzmán Palomeque
(ティグレス/MEX)

セルヒオ・ロメロ / Sergio Germán Romero
(サンプドリア/ITA)

ヘロニモ・ルッリ / Gerónimo Rulli
(レアル・ソシエダ/ESP)

DF:

エセキエル・ガライ / Ezequiel Marcelo Garay
(ゼニト・サンクトペテルブルク/RUS)

パブロ・サバレタ / Pablo Javier Zabaleta Girod
(マンチェスター・シティ/ENG)

マルコス・ロホ / Marcos Faustino Alberto Rojo
(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)

ファクンド・ロンカグリア / Facundo Sebastián Roncaglia
(ジェノア/ITA)

マテオ・ムサッキオ / Mateo Pablo Musacchio
(ビジャレアル/ESP)

ルーカス・オルバン / Lucas Alfonso Orban
(バレンシア/ESP)

ニコラス・オタメンディ / Nicolás Hernán Gonzalo Otamendi
(バレンシア/ESP)

MF:

ハビエル・パストーレ / Javier Matías Pastore
(パリ・サンジェルマン/FRA)

アンヘル・ディ・マリア / Ángel Fabián Di María
(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)

ルーカス・ビグリア / Lucas Rodrigo Biglia
(ラツィオ/ITA)

ロベルト・ペレイラ / Roberto Maximiliano Pereyra
(ユヴェントス/ITA)

エベル・バネガ / Éver Maximiliano David Banega
(セビージャ/ESP)

エンソ・ペレス / Enzo Nicolás Pérez
(バレンシア/ESP)

ハビエル・マスケラーノ / Javier Alejandro Mascherano
(バルセロナ/ESP)

FW:

エセキエル・ラベッシ / Ezequiel Iván Lavezzi
(パリ・サンジェルマン/FRA)

セルヒオ・アグエロ / Sergio Leonel Agüero
(マンチェスター・シティ/ENG)

ゴンサロ・イグアイン / Gonzalo Gerardo Higuaín
(ナポリ/ITA)

カルロス・テベス / Carlos Alberto Tévez
(ユヴェントス/ITA)

リオネル・メッシ / Lionel Andrés Messi
(バルセロナ/ESP)

なお、3月17日に国内組のメンバー3人が追加されている。

フェデリコ・マンクエージョ / Federico Andrés Mancuello
(インデペンディエンテ)

マキシ・ロドリゲス / Maximiliano "Maxi" Rubén Rodríguez
(ニューウェルス)

ラミロ・フネス・モリ / José Ramiro Funes Mori
(リーベル・プレート)