6月30日、『France Football』は「ローマに所属しているコートジボワール代表FWジェルヴィーニョは、アル・ジャジーラへの移籍交渉で『法外な要求をした』という報道を否定した」と報じた。

先日『Sport360』が「ジェルヴィーニョとアル・ジャジーラの交渉は、選手側が”法外な要求”をしたことによって破談になった」と報じた。

それを受けて『Gazzetta dello Sport』などメディアは「ジェルヴィーニョは豪邸、電話が使えるヘリコプター、プライベートビーチ、コートジボワールに帰るための飛行機のチケットなど多くの要求をした」と報じた。

しかしジェルヴィーニョはこれらの報道の内容を「全てウソ」と否定。またアル・ジャジーラ側からも同様の声明が発表されており、技術的な問題であったと明かしている。

ジェルヴィーニョ

「それはもう、全てウソだよ。ヘリコプター? プライベートビーチ? 飛行機のチケット? そんな情報がどこから来たのか僕は全く分からない。

そんな要求はしていないよ。僕は契約書にサインするとき、そのようなことには興味がない。僕について言われていることは全てウソだ」
アル・ジャジーラ

「選手との交渉は、技術的な問題のためにストップしたものだ。いくつかのメディアで報道されているような要求によるものではない」