フットボール界一の巨漢として知られるアデバヨ・アキンフェンワ。

AFCウィンブルドンの史上初となる3部昇格に貢献した彼は、昨季限りでの退団が決定。移籍先が注目されていたが、このほど新天地が決まった。

彼が選んだのは、英4部のウィコム・ワンダラーズ。5月で34歳になったアキンフェンワとウィコムは1年契約を結んだと発表されている。

ギャレス・エインズワース(ウィコム監督)

「Bayo(アキンフェンワ)が何者かってのは誰もが知っていることさ。

彼をここに連れてくることができてかなりワクワクしているよ。彼は我々にとってタイムリーな獲得だからね」
"They hit me up on the WhatsApp!" - Adebayo Akinfenwa describes how his move to Adams Park came about.
Wycombe Wanderers FCさんの投稿 2016年7月10日

これまでと同じ英4部を舞台に選んだアキンフェンワ。昨季13位だったウィコムを引き上げる原動力となれるだろうか。