9月末からスタートしたインターナショナルマッチウィーク。各国のリーグは2週間に渡って中断され、クラブはわずかな休息を迎える。

ハードなトレーニングに励む者、指導者ライセンス取得の勉強をする者、はたまた慈善活動に邁進する者・・・それぞれに貴重な時間を過ごす。

そして、この2週間を終えて記者会見に臨んだウェストハム・ユナイテッドの監督、スラヴェン・ビリッチ氏の姿に「違和感がある」と大きな話題になった。

まずは、ビリッチ氏の2週間前の姿を見てみよう。

そして、インターナショナルマッチウィーク明けの記者会見に臨んだビリッチ氏。

なんだか時が巻き戻ったような、そんな不思議な感覚だ。

なお、プレミアリーグではユルゲン・クロップ監督、アントニオ・コンテ監督がこれの経験者であると言われている。前者は公表済みだ。