イングランド代表capを持っていたウィルフリード・ザハだが、今年からコートジボワール代表に鞍替えした。

すでに代表初ゴールもマークしているのだが、ロシア代表との親善試合でまた得点を決めた。

1人で相手DF4人ほどをブチ抜いてゴール!ロシアの対応も軽かったが、これはお見事。

巧みなタッチと加速で抜き去っており、そのドリブルスキルは国際レベルでも十分通用するレベルのようだ。

クラスノダールで行われた試合はアウェイのコートジボワールが2-0で勝利する結果に。ザハはフル出場している。