イングランド代表はリトアニアとのワールドカップ予選に2-0で勝利し、グループ首位を堅持した。

この一戦で先制点を決めたのは、サンダーランドFWジャーメイン・デフォー。34歳になったストライカーにとって、2013年以来となる代表戦でのゴールだった。

デフォーは昨季の15ゴールに続き、今季もすでに14ゴールを叩き出すなど復活を見せている。『Guardian』によれば、ヴィーガンダイエットに取り組んでいたという。

ジャーメイン・デフォー

「今は自分の体についてより理解できているよ。

誰もが試合ではフレッシュさを求めている。だから、自分は正しいことをやり、あらゆることを試そうとしているんだ。

クライオセラピー(凍結治療)、マッサージ、きちんとしたものを食べること…。

俺はヴィーガン(菜食主義)になろうとしているところさ。なんとか(菜食主義に)なれたと思う。

ガールフレンドが試してみたらって提案してくれたのさ。『やるっきゃないよ』ってね。

彼女はそれについてのドキュメンタリーをいつも見せてくるんだ。

自分を助けてくれたり、導いてくれたりする人を持つことはいつだっていいものさ」

デフォーはホウレンソウ、ケール、イラクサの入ったスムージーを毎日飲んでいるそう。また、チョコレートやサーモンのグリルを絶ち、温野菜などを摂取。さらに試合日のカフェイン摂取も制限しているという。