週末に各地で行われたセリエA最終節。ローマはオリンピコでジェノアと対戦、フランチェスコ・トッティにとってこれがラストゲームとなった。

54分からピッチに立ったトッティ。3-2で勝利した後、以下のように述べた。

フランチェスコ・トッティ

「いま本当に終わった。最後の時のためにユニフォームを脱ぐ。

それを片付けることになるだろう。

例え『もう十分だ』と言う準備ができていなかったとしてもね。もう二度と着ることはないはずだ」

40歳になった王子は、どうやら今季限りでの引退となるようだ。