ワールドカップ出場を懸けた欧州予選プレーオフ。

コペンハーゲンで行われたデンマーク対アイルランドの1stレグは、スコアレスドローとなった。

終了時にはブーイングが飛び、ホームで勝てなかったデンマークとしては手痛い結果になったとも。

ただ、『Guardian』によれば、ニクラス・ベントナーは勝ち抜けに自信を持っているようだ。

ニクラス・ベントナー(デンマーク代表FW)

「(2ndレグは)違う試合になるだろうね。

(2ndレグでのアイルランドは)深く引いた位置に留まっている試合をやれないことを分かっているよ。

彼らは前に出てこなきゃならない、得点を決めようとしなければならないからね。

向こうはこの重要な試合を0-0でプレーすることはできないよ。

彼らは少し前目に来るだろうと思う。そうすれば、僕らによりスペースができる。

見るには幾分面白い試合になるだろうと思うよ。

(2ndレグで)両チームが得点した場合、俺達が勝ち抜けるという事実を踏まえれば、こっちに少しアドバンテージがあるかもね。

それがこの第2戦がちょっと違う試合になるだろう理由さ」

「(1stレグで)アイルランドは僕らをそれほど驚かせなかったね。

相手は深く引いて守るだろうと思っていた。それで彼らは素晴らしい成功を収めているからね。

でも、一か八かで放り込んでくるよりも、ブロックから出てより攻撃してくるだろうとも思っていた。

だがしかし、見たとおりに彼らは命を懸けて守ってきた。

俺達には3回のいいチャンスがあった。そのうちのいくつかは仕留められたかもしれないけど、相手が本当に上手く守ったよ。

彼らは強かったので、俺達はアウェイのピッチに適応しなきゃならない。チャンスを生かさなきゃならないし、うまくいけばゴールはとれる」

ダブリンでの2ndレグは日本時間15日に行われる。