『The SUN』は29日、「エヴァートンは、サム・アラダイス新監督に週10万ポンド(およそ1554万円)の特別待遇を与える」と報じた。

29日に契約交渉が大詰めを迎えていることを発表したエヴァートン。ロナルト・クーマン監督を解任してから1ヶ月が過ぎ、ようやくサム・アラダイスを新指揮官に据えることができるようだ。

そして、チームを救うことを狙うオーナーのファルハド・モシリは、彼に対して週10万ポンドという高待遇を与えるという。

なお、この給与額は世界のサッカー監督の中でも12位にあたるものだ。

世界のサッカー監督給与額(年俸)

1位:マルチェロ・リッピ(中国代表) / 1800万ポンド(およそ27.97億円)

2位:ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ) / 1530万ポンド(およそ23.77億円)

3位:ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド) / 1500万ポンド(およそ23.31億円)

4位:アンドレ・ヴィラス=ボアス(上海上港)/ 1100万ポンド(およそ17.09億円)

5位:ファビオ・カペッロ(江蘇蘇寧)/ 890万ポンド(およそ13.83億円)

6位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)/ 830万ポンド(およそ12.9億円)

7位:ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)/ 800万ポンド(およそ12.43億円)

7位:エルネスト・バルベルデ(バルセロナ)/ 800万ポンド(およそ12.43億円)

9位:ユルゲン・クロップ(リヴァプール)/ 700万ポンド(およそ10.88億円)

10位:アントニオ・コンテ(チェルシー)/ 650万ポンド(およそ10.1億円)

11位:マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)/ 550万ポンド(およそ8.55億円)

12位:サム・アラダイス(エヴァートン)/ 520万ポンド(およそ8.08億円)

13位:ラファ・ベニテス(ニューカッスル)/ 450万ポンド(およそ6.99億円)

14位:ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)/ 440万ポンド(およそ6.84億円)

15位:ウナイ・エメリ(PSG)/ 430万ポンド(およそ6.68億円)

エヴァートンは現在14試合を終えて4勝3分け7敗の13位。少なくともヨーロッパリーグ出場を狙うためには、勝点11の差を詰める必要がある。