今季、アーセナルの新たなスカウトチーフに就任したスヴェン・ミスリンタット氏。

ボルシア・ドルトムントで長くユルゲン・クロップ監督を支えていたものの、トーマス・トゥヘルとの関係がこじれてしまい、チームを去った。

そして彼が次なる活躍の舞台として選んだのがアーセナルだった。早くもコンスタンティノス・マヴロパノスという「らしい」補強を行っている。

彼がこれまで行ってきた「最高の契約」とはなにか?

5位:ヤクブ・ブワシュチコフスキ

ヤクブ・ブワシュチコフスキ ボルシア・ドルトムント

「クバ」の愛称で知られているブワシュチコフスキは、2007年にヴィスワ・クラクフから獲得された。

そして彼はユルゲン・クロップ監督が率いていたボルシア・ドルトムントの中で、最も信頼できる選手の一人になった。

ポーランド人のウインガーはクラブの要石のような存在となり、2回のリーグ優勝に貢献。DFPポカールのタイトルも掲げた。

クバはポーランド国内リーグでタイトルを獲得したあと、すぐにドルトムントへとやってきた。よく知られた選手ではなかったが、彼のパフォーマンスはドルトムントを世界の舞台へと引き上げた。

彼はドルトムントで252試合に出場し、32ゴールを決めた。退団後はフィオレンティーナ、ヴォルフスブルクでプレーしている。