南米・日本U-21サッカー交流大会に参加するため、パラグアイ遠征を行っているU-21日本代表。

初戦のチリ戦では残念なミスから2点を失い0-2で黒星を喫しており、23日(金)にはベネズエラと対戦する。

そんなU-21日本代表の選手たちは、現地であのレジェンドに遭遇したようだ。

その人物とは…

2010年ワールドカップの優勝メンバーであるカルレス・プジョル!

プジョルは現在UEFAチャンピオンズリーグのトロフィーツアーでパラグアイの首都アスンシオンを訪れており、遠藤渓太はInstagramのストーリーでその様子を紹介している。

U-21チリ代表の選手たちもプジョルと記念撮影!

若手たちにとっては嬉しいサプライズとなったようだ。