昨夏PSGに電撃移籍して、世界を驚愕させたブラジル代表FWネイマール。

ただ、わずか1年でパリを去り、レアル・マドリーへ移るのではとまことしやかに囁かれている。

古巣バルセロナへの復帰はありえそうもないが、ここでは『sportskeeda』による「バルサがネイマールを再獲得するべき理由」を見てみよう。

デンベレが期待に応えきれていない

ウスマヌ・デンベレ

昨夏、ドルトムントから150億円とも言われる破格の移籍金でやってきたウスマヌ・デンベレ。

彼はカンプ・ノウでの悲惨な時期に耐えている。ネイマールの穴を埋めることができておらず、移籍金が巨額だっただけに非常に高価な失敗のようにも。

ただ、本人のために言っておくと、真価を証明できていない主な理由はフィットネスにあるというのが事実だ。とはいえ、ゴール数もアシスト数も物足りず、フル出場もほとんどない。

怪我によって進歩が阻害されていることからまだチャンスはあるはずだが、退団の噂も活発化している。

ネイマールが加入すればプレッシャーは大幅に軽減されるはずであり、彼の才能について今さら語る必要もないだろう。