2大会ぶり通算5度目のW杯出場となるデンマーク代表。前回出場は2010年の南アフリカ大会だが、この時はカメルーン代表に勝利するもオランダ代表と日本代表に敗れ、グループステージで敗退となった。

そんなデンマーク代表のロシアW杯に向けた新しいユニフォームが15日、キットサプライヤーのHummelから発表となった。今回のW杯は2002年日韓大会以来となるHummel製ユニフォームで臨む。

ベスト8に進んだ1998年W杯や優勝した1992年欧州選手権など、好成績を収めたチームはいつもHummelのキットを着用していた。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Denmark 2018 Hummel Home

デンマーク代表 2018 hummel ホーム ユニフォーム

W杯を戦う今回のキットは、前面と背面にデザインされた「X」が特徴的。これは宮殿の警護にあたるデンマーク王室の近衛兵が身に付けている“白いクロス”にインスピレーションを得ている。

近衛兵(=軍人)と代表チームは、立場こそ異なるが「国を代表して戦う」という点においては共通すると、Hummelはそう説明する

デンマーク代表 2018 hummel ホーム ユニフォーム

クロスは背面にも大きく透かしでプリント。交差する位置が前面と背面では異なるところは、近衛兵のクロスを忠実に表現している。そして首元にも小さな白いクロスを配した。

デンマーク代表 2018 hummel ホーム ユニフォーム

ユニフォームはレプリカとオーセンティックの両方をリリース。どちらも半袖と長袖の両方を販売する。

デンマーク代表 2018 hummel ホーム ユニフォーム

パンツはホワイトを基調。このユニフォームのシェブロンラインは、半分がストライプでデザインされているのも特徴だ。