16日(水)に行われたルヴァンカップのグループステージ第6節。

グループAの横浜F・マリノス対アルビレックス新潟戦では、MF扇原貴宏がフリーキックから直接ゴールを奪った!

1-1で迎えた41分、ペナルティエリアの少し手前でフリーキックを獲得すると、扇原がこの無回転キック!

ボールは壁の間を抜けると急激にブレながらファーサイドの方向に飛び、新潟のゴールを陥れた。それにしてもブレすぎ…。

扇原はこのシュートについて、「練習はしていたし、枠には飛ばそうと思っていたので決められて良かった」とコメント。

あまりブレ球を蹴る印象はなかったが、「もうちょっと無回転気味に行くと思っていたけど、アウト気味になってしまった」と話すなど、しっかりと練習を積んでいたようだ。

2-1で勝利した横浜FMはグループ2位でプレーオフ進出が決定。次のラウンドでは、準々決勝進出をかけヴィッセル神戸と対戦する。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」