先週末に行われたアンドレア・ピルロの引退試合。

ピルロとともにプレーした数々のレジェンドがサン・シーロに集結した。

「ホワイトスターズ」と「ブルースターズ」に分かれて行われたこの一戦は7-7という打ち合いになったのだが、この試合でハットトリックの活躍を見せたのがミラン時代の同僚であるフィリッポ・インザーギだ。

ホワイトスターズの一員として途中出場したインザーギは75分、79分、84分にそれぞれゴール!なんとハットトリックを記録したのだ。

※1点目は03:42から、2点目は04:21から、3点目は04:43から

44歳らしからぬ溌剌とした動き!

現役時代、そのプレースタイルは「相手の背後を取ることにしか興味がない」と言われたが、引退してもその姿勢に変わりはないようだ。

特に3点目を導いたフリーランは、現役選手のお手本になるような動きである…。

この日、サン・シーロにはとにかく豪華な顔ぶれが集まったが、こうした選手たちを呼ぶことができたのもピルロの人望ゆえであろう。