アーセン・ヴェンゲルに別れを告げ、ウナイ・エメリ新監督の元で新たなスタートを切るアーセナル。

その新シーズンに向けたユニフォームは5月22日にホームキットがリリースされているが、今度は新しいアウェイキットが7日にクラブとキットサプライヤーのPumaから発表となった。

ベースとなるデザインのコンセプトはホームキットと共通の「都市の鼓動」。胸にはそれを表現したグラフィックをあしらっているが、これにはもうひとつアーセナルならではの“別の意味”が存在する。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Arsenal 2018-19 Puma Away

アーセナル 2018-19 Puma ユニフォーム

新しいアウェイキットはネイビーカラー(メーカーの色名はピーコート)を採用。胸にはホームキットと同じく、都市の鼓動を表すパルスビートのグラフィックをあしらっている。

そしてこのグラフィックは同時に「WMフォーメーション(3-2-2-3)」を表現しているという。WMフォーメーションとは、1930年代に当時のアーセナルの監督だったハーバート・チャップマンが考案し、世に広まったシステム。

アーセナル 2018-19 Puma ユニフォーム

シャツは衣服内の湿度調整を向上する“evoKNIT サーモレギュレーション テクノロジー”と、ピッチ上で最適な体温を保つことをサポートする適応型の冷却システムを採用。

アーセナル 2018-19 Puma ユニフォーム

長袖レプリカも発売となった。長袖ユニフォーム自体が減少傾向にある中、“長袖好き”にとっては嬉しいリリース!

アーセナル 2018-19 Puma ユニフォーム

パンツはアウェイのピーコートにホームのレッドをミックスしたヘザーエフェクト。今までのアーセナルのキットには無い、新しい印象を与えるデザインだ。

ソックスはシャツのカラーと同じネイビーを基調にレッドの差し色。背面にはチーム名のグラフィックが入る。