プレミアリーグで長らく活躍してきた元チェコ代表GKペトル・チェフが今季限りでの引退を発表した。

ドイツ代表GKベルント・レーノがアーセナルの正GKになると目されているが、競争相手となるような実力派GKを補強する可能性もある。

ここでは、『sportskeeda』による「アーセナルでチェフの代役になれる3人の補強ターゲット」を見てみよう。

ジャック・バットランド(ストーク・シティ)

ジャック・バットランド

最近のアーセナルの移籍方針に沿えば、チェフの代役獲得に莫大な資金を投下することはなさそうだ。

その点、バットランドはいいオプションになるだろう。

25歳の守護神は2部降格となったストークでプレーを続けているが、プレミアリーグ移籍に目を光らせているかもしれない。

また、彼はイングランド代表でもあり、もし加入した場合にはホームグロウン規定においても意味がある。

レーノは一貫性に欠けるため、バットランドがレギュラーになる可能性もあるだろう。