日本人にとってGKとともに欧州で成功することが難しいと考えられたセンターバック。

もちろんそれは体格的なハンデによるものだが、吉田麻也の成功に始まり、昨年からはここを専門とする選手の欧州移籍が相次ぐなど、今や日本代表の最激戦区となりそうな様相を呈している。

そこで今回は、この1年で欧州に渡ったセンターバックを『Transfermarkt』の評価額とともにおさらいしてみよう。

冨安 健洋(シント・トロイデン)

冨安健洋

所属:シント・トロイデン(2018年1月16日~)
評価額:600万ユーロ(およそ7.5億円)

「センターバック戦国時代」幕開けの先陣を切ったのは、当時わずか19歳だったこの男だ。

「アジアの壁」と呼ばれた井原正巳氏に見い出され17歳でプロデビューを飾った188cmのDFは、今や日本人6人を抱えるシント・トロイデンと契約を結んだ第一号だった。

【関連記事】冨安健洋が現地入り、目標が“デカイ”ぞ

移籍後、半年間での出場はたった1分とほとんど話題に上ることもなかった。しかし今季になってポジションを獲得すると、A代表デビューからアジアカップ選出と劇的に評価を高めている。