『L'Equipe』は20日、「FCルスキャルに所属している14歳の選手が、試合中に心臓発作で死去した」と報じた。

記事によれば、事故が起こったのは15歳以下のリーグ戦だという。

死亡したのは14歳の少年で、日曜日の朝に行われた試合の中で心臓発作を起こしてしまい、突然昏倒したとのことだ。

心臓マッサージなどの治療が行われて病院に運ばれたものの、最終的には死亡が確認されたという。

FCルスキャルが所属しているピレネー・アトランティク地区のリーグ戦は今週末の試合すべてでキックオフ前の黙祷を行うこととし、この世を去った若い才能の死を悼むそうだ。

スポーツを行う場合、避けては通ることが出来ない心臓発作のリスク。プロになる前の選手たちにとっても例外ではない。

これからのサッカー界ではこのようなケースでどう選手の生命を救うのか、あるいは検査でその兆候を発見するのかということが必要になってくるはずだ。