今季、クリスティアーノ・ロナウドという超大物を補強したユヴェントス。セリエAで断トツの首位に立つなど圧倒的な強さを見せつけている。

そうした中、『Il Tempo』が気になる噂を伝えた。スポーツディレクターが記したメモから補強ターゲットが漏れたというのだ。

ユーヴェのSDであるファビオ・パラティーチ氏は、ミラノにあるホテルのレストランでメモを記していたという。彼はメモを破り捨てたものの、彼の素性を知っていた何者かがそのメモをつなぎあわせて復元。

そこには、補強候補とおぼしき選手たちの名前と移籍金を示すような数字が書き記されていたそう。

名前が書かれていたのは、セルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ(ラツィオMF)、ニコロー・ザニオーロ(ローマMF)、フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナFW)、サンドロ・トナーリ(ブレッシャMF)、ドミニク・ソボスライ(レッドブル・ザルツブルクMF)、クリスティアン・ロメロ(ジェノアDF)ら。

ただし、ミリンコヴィッチ=サヴィッチのところには数字ではなくミラレム・ピャニッチの名前に書かれていたとか。

つまり2人を同時保有するのではなく、トレードオフのような形になるとも読み取れるようだが…。