スペイン2部のレアル・サラゴサとキットサプライヤーのadidasは6月、2019-20シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。

クラブは9日、日本代表MF香川真司の完全移籍での獲得を発表。香川は今回の移籍で念願のスペイン上陸を果たした。今季はホワイト/ブルーのキットに身を包み、クラブの1部昇格を目指す。

Real Zaragoza 2019-20 adidas Home

レアル・サラゴサ 2019-20 adidas ユニフォーム

サラゴサのホームキットは伝統的にホワイトとブルーで彩る。シャツはadidasのテンプレート“TIRO 19”を使用。胸スポンサーは香水ブランドの「CARAVAN」。左袖にはブックメーカー「William Hill」のロゴマークを掲出する。

レアル・サラゴサ 2019-20 adidas ユニフォーム

パンツはブルー、ソックスはホワイトをそれぞれベースカラーとしたデザイン。ソックスはシンプルにメーカーロゴのみを入れる。

9日の入団発表と同時に、香川は早速ユニフォーム姿を披露した。