18日に行われたフランス・リーグアンの第2節、レンヌ対PSGの試合は驚くべき結果となった。

カバーニのゴールでPSGが先制を果たすも、なんとレンヌが44分、48分と得点を取り返すという展開に。

前半終了間際にエンバイ・ニアングがシュートを決めると、さらにヨアン・デル・カスティーヨがヘディングで逆転ゴールを叩き込んだ。

そして最終的にはレンヌが2-1とホームでPSGを撃破。今季もリーグアンを席巻すると思われたスター軍団に、早くも土がついた。

もちろんレンヌの本拠地ロアション・パルクは大きな盛り上がりを見せたわけだが、この試合開始前の演出も本当に凄かったぞ!

ゴール裏のサポーターが掲げている巨大なバナー、さらに花火の演出、会場を埋め尽くした満員のファン。チームの勝利を後押しした素晴らしい雰囲気だ。

これで今シーズン2連勝となったレンヌはリヨン、ニースともに勝点6に。一方PSGは1勝1敗で8位に留まっている。