現在所属しているパリ・サンジェルマンでの立場が悪化しているネイマール。

父親は退団を一貫して否定はしているものの、本人がバルセロナかレアル・マドリーへの移籍を希望しているという報道が止むことはない。

そして今回の『ESPN』の報道によれば、なんとレアル・マドリーはティボー・クルトワとカゼミロを譲渡するという仰天プランを持っているという。

ジネディーヌ・ジダン監督はポール・ポグバを取り逃したことから有力選手の補強を求めており、そのターゲットの一人がネイマールだと伝えられる。

パリ・サンジェルマンはネイマールの価格を2億ポンド(およそ291.1億円)程度に設定しているため、レアル・マドリーもバルセロナも現金のみで支払うことは難しい。

そのためまだ公式にはオファーは送られておらず、水面下で条件の交渉が行われている状況のようだが…。

先日はトーマス・トゥヘル監督とハグをする場面が話題になったネイマール。

しかし怪我もあってかここ2試合はメンバーから外されており、パリ・サンジェルマンの内部でも彼の扱いが難しくなっているように見える。

果たしてどのような結末を迎えるのか…。