今夏、ジュビロ磐田から横浜FCに完全移籍した元日本代表MF中村俊輔。

これが自身初めてのJ2挑戦となったが、移籍後の出場は2試合のみ。しかし、27日に行われたJ2第38節、東京ヴェルディとの一戦で6試合ぶりに先発起用されると、26分、数多の伝説を生んできた左足が火を噴いた!

ゴラッソ!

皆川佑介が落としたパスを左足で狙うと、ミドルレンジから放たれた強烈なシュートがものの見事にゴールへと突き刺さった。

昨年22年のキャリアで初めて無得点に終わった中村。今回の一発は2017年10月14日のJ1第29節、清水エスパルス戦以来、実に743日ぶりのゴールとなった。

なお、試合は2-1で横浜FCが勝利している。