今季アトレティコ・マドリーからバルセロナに移籍したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。

ただ、アトレティコ時代のような存在感を放てておらず、リオネル・メッシとの不和説なども流れた。

とはいえ、本人的には苦しむことは想定内だったようだ。『Marca』によれば、こう述べたそう。

アントワーヌ・グリーズマン

「多くを学んでいるところだ。 でも、バルセロナに行くのは難しいことだろうとは分かっていた」

「もっと中央でプレーできれば、より適応できる。

何年もプレーしてきたけれど、今の自分は適応しなければいけない」

前線にはルイス・スアレス、ウスマヌ・デンベレらもおり、これまでのようにはいかないことは分かっていたことだとか。