近年のプレミアリーグにおいて2強体制を築いているリヴァプールとマンチェスター・シティ。

昨季も熾烈な優勝争いを演じたが、勝ったのはシティ。キャプテンとして大きな貢献を果たしたDFヴァンサン・コンパニはレスター戦では伝説的な弾丸シュートを叩き込んだ。

そのシーンがこれ(以下動画4分11秒~)。

アグエロが思わず打つな!と叫んだほどの仰天弾だった。

昨季限りでシティを退団し、古巣アンデルレヒトへ移籍したコンパニ。『fourfourtwo』のインタビューでリヴァプールについてこう語った。

ヴァンサン・コンパニ

「(昨季の優勝争いでは)少しのミスも許されなかった。

全ての試合に勝つ、1月以降の全試合に勝たなければいけない。それは非常に特別なものだった。

リヴァプールはよかった、とてもよかった。

ユナイテッドのような歴史的なライバル関係ではないけれど、近年におけるライバルだ」

「(今季の)リヴァプールはほぼ完璧に近い。

彼らには非常に大きなリスペクトを抱いているよ。クラブ、歴史、監督にね。

だが、この話をしておこう。誰よりも彼らのことを打ち負かしたいのは僕だよ。

そうするためにはミスは許されない。

もしリヴァプール相手にうまくやりたいなら、極端な対策だけがいい結果をもたらすだろう。

ただ、プレーが始まったら途端にプランの重要性は低下していく。重要なのは(勝ちへの)欲望さ」

リヴァプール相手には極端な戦い方が必要としつつ、以前の対策以上に勝利への執念が大事になると述べていたとか。