今季J2の柏レイソルでプレーし、27ゴールを決める活躍を見せたケニア代表FWマイケル・オルンガ。

最終節ではなんと衝撃の1試合8ゴール!歴史的なプレーがこれだ…。

『Daily Nation』によれば、オルンガは今冬のマーケットでのステップアップを求めており、いくつかのクラブと交渉していることを明かしたとのこと。

マイケル・オルンガ

「シーズンに27ゴールを決めた時、どのようなことを期待するか?

もちろん、私のプレーに興味を持ってくれているクラブはある。そして、バックヤードで調理をしているのさ。新しいニュースを待ってくれ(笑)

しかしながら、移籍が完了するまでは柏レイソルのプレーヤーだ。私はこのクラブで、そして日本での時間を本当に楽しんできた。

次に何が起こるか、様子を見ていこう」

オルンガは現在ケニアで休暇を過ごしており、現在は自身の名前が冠された大会『マイケル・オルンガ・トーナメント』に出席しているそうだ。